スタッフからの「海辺便り」ホテル発最新情報

2014-12-17

【館山城】城山公園内

1580年(天正8年)、里見義頼によって館山城が築城された。その後、1614年(慶長19年)に里見氏は改易され、館山藩は取り潰しとなった。この際に館山城も廃城となり、破却された。後の1781年(天明元年)に、稲葉正明が館山藩主となって館山に入ったが城を再建することはなく、2代正武が城の麓に館山陣屋を構えて、そこを新たな政庁とした。
現在建つ天守は、後に犬山城を模して1982年(昭和57年)に再建された模擬天守であり、当時の天守の概要や外観については不明である。天守からの眺めは、波静かな館山湾と館山市街を見下ろせます。館山湾は、別名「鏡ヶ浦」と呼ばれ、太陽に輝く水面が鏡のように見えます。館山市街を見下ろしていると、戦国武将になったような・・・そんな気持ちになれます。
この天守は現在、館山市立博物館分館(八犬伝博物館)として利用され、周辺は城山公園となっている。
公園内には季節に合わせて水仙、梅、椿、桜、ツツジ、さつき、あじさい、山茶花などの花木が咲き揃います。頂上付近には万葉集に詠まれた植物を小径に集めた「万葉の径」や「つばきの径」がつくられ、桜、松、梅が配植されています。桜は名所の一つとなっていますので、4月上旬の開花時期は花見客で賑わいます。白砂利の枯山水や小流れをしつらえた日本庭園と茶室は茶会等に利用でき、公園全体が市民の憩いの場となっています。また城下には、芝生広場や児童公園、館山市立博物館本館がある。ほか、特産品の販売や飲食の提供、情報発信機能をあわせ持った施設(和風の売店)「里見茶屋」が2009年(平成21年)4月4日に開店した

住所 館山市館山 351-2番地
アクセス方法 電車:JR内房線館山駅東口からJRバス洲の崎行き、または日東バス館山航空隊行き「城山公園前」下車徒歩5分
車 :館山道富浦インター下車 約10Km (無料駐車場有・大型バス可)
TEL 0470-22-3612
FAX 0470-23-3115
備考 <お問い合わせ>
〒294-8601 館山市北条1145-1
館山市建設部都市計画課街路公園グループ
URL http://www.city.tateyama.chiba.jp/kankou-bunka/cate000206.html

一覧はこちら


△上へ戻る