スタッフからの「海辺便り」ホテル発最新情報

2014-06-25

全長400m【館山夕日桟橋】

沖合い約400mまで延びる日本最長の桟橋。平成22年(2010)4月に利用が開始され、「にっぽん丸」、「ぱしふぃっく びいなす」などの大型客船や高速ジェット船(季節運行)の発着点として利用されている。また、桟橋の中間にはウミホタルのモニュメントがあり、絶好の写真撮影スポット。平成24年(2012)3月、桟橋のたもとに海洋民俗博物館を中心に、桟橋へ接岸する船舶利用者の客船ターミナル、湾内に生息する生き物が観察できる大型展示水槽、展望デッキ、観光情報の発信やミュージアムショップなどが揃う「“渚の駅”たてやま」がオープン。
“渚の駅”たてやまは、次の施設で構成されています。
房総の海と生活をテーマとして、漁業に関する文化や漁民の生活を知ることが出来る「渚の博物館」。古の漁業風景、万祝や昔の漁船などが展示されています。
「海辺の広場」では、館山湾に生息する魚や海の生き物を展示しています。潮の干満を再現した磯場の水槽、海の生き物に触れることのできるタッチプールや、テーマ別の水槽があります。
「展望デッキ」は、館山湾が一望できるウッドデッキスペース。館山自慢の夕陽と、富士山を眺めることができます。
また、“渚の駅”たてやまに並列して、海へ500m延びる「館山夕日桟橋」があります。桟橋形式の岸壁としては日本最長の桟橋で、大型客船などが接岸します。
毎年7月には、海にまつわるアトラクションや、ヨットなどの乗船体験などができるイベント「たてやま海まちフェスタ」を開催。
ウミホタルを実際に採取して、コスモブルーに発光するウミホタルを観察する「ウミホタル観察会」や、館山湾で取れた貝を使った貝細工などを作る「渚の教室」なども開催しています。
また、安房の歴史と文化と、房総の海と生活に関わる内容で、地元安房地方の研究者、安房地方を研究している研究者が講師となり、各分野にわたってわかりやすく講演する「安房学講座」も年間を通して数回開催しています。



【みなとオアシス“渚の駅”たてやま(館山市立博物館分館)】
営業時間 9:00~16:45
住所 千葉県館山市館山1564-1
定休日 毎月最終月曜日(祝日の場合は開館、翌日休館)
年末年始(12/29~1/3)
※「海辺の広場」は毎週月曜日休館
アクセス JR館山駅西口から徒歩15分
富津館山道路・富浦ICから約6km、車で約15分
入場料金/割引き 無料
駐車場有無 無料駐車場有 普通車75台、障害者用スペース4台、大型バス4台
お問い合わせ先 0470-22-3606

一覧はこちら


△上へ戻る